探偵社から追加で請求される料金


探偵事務所や興信所の中には、調査料金に加えて諸経費という名目で別途費用を加算して依頼者から徴収しているようです。

諸経費とは調査で必要に応じて使った費用のことを指し、探偵社によっては雑費という名目になっている場合もあります。

諸経費の一例を挙げると

  • 調査で利用した、電車やバス、タクシーにかかる代金。 また、車両を使って調査した場合のガソリン代や高速料金。
  • 遊園地や喫茶店、飲食店など、調査の行き掛かり上、 やむを得ず施設に入った場合に掛かる経費。
  • 調査で使用する撮影機材の使用料や、 調査で得た証拠などを保存するDVDなどの記憶媒体の料金。
  • 報告書作成費 など

探偵社によって諸経費の設定は様々で、こんなものまで?
と思うようなものも経費や雑費として請求されることもあるようです。



諸経費の扱いの違いは、依頼者様にとって大きなデメリットになる場合があります。
それは「調査前の見積もり金額と、調査後に請求された実際の金額に大きな差が出る場合が多い」ということです。

「自分が買った物がいくらかわからない」という状態で、買い物をするのはとても恐ろしいことですよね。

調査を依頼した後になって後悔するのではなく、事前に諸経費がいくらかかるのか確認をすることが大事です。

探偵に話を聞く際は見積りの時点で、あらかじめどれくらいの諸経費がかかるのか予想金額でもいいので確認しておきましょう。

Akai探偵は、依頼者様をこういった不安から解放するため、諸経費を全て無料で調査をおこなっています。

無断で追加料金をいただくことは一切ございません。 万が一、やむを得ず追加料金をご負担いただく場合も、事前に依頼者様に許可を得てから請求させていただいています。

当社の諸経費につきましては、書きをご覧ください。
探偵料金の諸経費の取り決め