三重の探偵の仕事内容とは?


時々メディアにも登場をする探偵。

そんな探偵の仕事に興味や憧れをもち、調査員として就職をする人もいるでしょう。

探偵というと、依頼された物事に対して調査を行う仕事というイメージがありますが、その内容については深く知らない人も多いのではないのでしょうか。

探偵に就職をした後は、どんな内容の仕事をするのかみていきたいと思います。

探偵はどんな仕事をしているの?

就職後の仕事内容に触れる前に、簡単にそもそも探偵はどんな仕事をしているのかみてみましょう。

探偵は主に企業や個人から依頼を受けて浮気調査や身辺調査、結婚調査などを行っています。

その他行方不明者の捜索であったりストーカー対策、盗聴器の発見取り外しなども業務の一部です。

また、他にも依頼に応じて様々な調査を行うことがあります。

興信所の中には、企業のみを対象とした企業調査を専門としている業者もありますが、その数は多くありません。
今では興信所と看板を掲げていてもその仕事内容は、探偵と同様である事がほとんどです。

ですから興信所に就職したい場合は、探偵事務所でもどうようの仕事が出来るという事です。
名前だけにこだわらない方が選択肢が広がるでしょう。

就職後の仕事内容は?

探偵へ就職をすると、上記のような依頼の調査を行う為にターゲットを尾行や張り込みをしたり、周囲に聞き込みなどを行います。

仕事上、車の運転をする事もあります。

証拠を押さえるために、カメラやビデオカメラの操作も必須です。

しかし、探偵の仕事内容はこうした現場の仕事だけではありません。

報告書の作成など書類作業も多くなります。

また、探偵によっては調査員として就職をしても同時に受け付け対応を行うこともあります。

小さい事務所ほど、調査以外の雑務も多くなる傾向にあります。

探偵だからといって、仕事内容が調査のみという事はありません。

偏ったイメージのまま探偵へ就職をすると、イメージと仕事内容とのギャップに戸惑う方もいます。

想像よりも忍耐が必要で地味な仕事でもあるのです。

すぐには調査出来ないことも

探偵に就職をしても、すぐには調査の仕事が出来ない事もあります。

追跡や張り込みなど、言葉にすると簡単そうに思えますが、実際ターゲットにバレずに、なおかつ効率よく証拠を押さえるのはとても難しいものです。

ですから探偵によっては、新人をすぐには調査を任せられることはほとんどありません。

まずは、受け付けや書類作成などの事務作業から先に教わることもあります。

また、新人研修の一環として先輩調査員のアシスタントからスタートする事も多いです。

段階を踏んでから調査に本格的に加わることが出来るようになります。

探偵の実態をあらかじめ調べよう

探偵の仕事内容は多岐に渡り、調査以外にも様々な仕事や作業があります。

テレビなどで見るイメージとは違う部分も多く、はじめはそのギャップに戸惑うこともあるかもしれません。

しかし、探偵に就職をすれば、調査以外はしないという事はありえないと覚えておいたほうが良いでしょう。